国際文通週間切手の価値と査定額をご紹介!高く売れる買取業者はコチラ

1958年以降、日本では毎年発行されている「国際文通週間切手」
正式には「国際文通週間にちなむ郵便切手」といい、文通によって相互理解を深め、世界平和に貢献する目的で発行されています。

さて、そんな国際文通週間切手をお持ちの方は
「一体いくらになるんだろう…」
と気になっているのではないでしょうか。

ひょっとすると、
「大事にとっておけば、今後さらに価値が上がるかも…」
と考えているかも知れませんね。

でもいずれ手放すつもりでいるなら、ずっと取っておくのはかえってになるかもしれません。
なぜなら近年、国際文通週間切手の需要が高まっているんです!

その大きな理由として挙げられるのは、いま日本の切手が国外でも注目を集めていること。

国際文通週間切手はその特性上、国際郵便に多く使われるため海外での認知度が高く、ぜひ自分も手に入れたい!と考える愛好家が多いんです。

国際文通週間切手を査定・買取するなら、訪日外国人の数が増えているいまがチャンス!

このページでは、価値ある国際文通週間切手の種類と査定額をご紹介。
より高額な買値が期待できる、オススメの買取業者もお伝えいたします。

お手元に国際文通週間切手がある方は必見!ぜひ最後までお付き合いください。

国際文通週間切手はいくら?気になる買値はコチラ

今回は、数ある国際文通週間切手の中でも、とくに高値での買取が見込める3種をピックアップ。

さっそくこれらの切手の査定額を見ていきましょう。

デザイン/発行年買取相場
蒲原(東海道五十三次)
蒲原(国際文通週間)
1960(昭和35)年
バラ
200~300円
シート
8,000~10,000円
桑名(東海道五十三次)
桑名(国際文通週間)
1959(昭和34)年
バラ
100~200円
シート
3,000~5,000円
神奈川(富嶽三十六景)
神奈川(国際文通週間)
1963(昭和38)年
シート
500~1,000円

ご覧の通り、最も価値が高いのは1960年発行の「蒲原」で、見込まれる買取額は1シート1万円ほど。

また、その前年に発行された「桑名」もプレミアがついており、シートで残っていれば5,000円程度での買取に期待できます。

これらは世界的にも知名度の高い歌川広重の「東海道五十三次」から図案を採用しているため、非常に人気の高い切手。

「東海道五十三次」の切手はほかにも1958年から1962年にかけて発行されており、ご紹介したもの以外でも状態が良ければ額面以上のプレミアがつく可能性が高いです。
とくに、シートでお持ちの場合はさらなる査定額アップに期待できますよ!

該当する国際文通週間切手をお持ちでしたら、一度プロに確認してもらうのがオススメです。


もちろん、今回ご紹介しなかったもののなかにも、額面以上の価値がつく切手はたくさんあります。
国際文通週間切手をお持ちの方は、ぜひ一度査定を受けてみてくださいね。





さて、そんな国際文通週間切手を査定に出すならより高く買取ってくれるところにお願いしたいですよね。
とくに「蒲原」のような高価なものは、業者による価格差も大きくなりがちなので尚の事でしょう。

そこで当ページでは、高額買取で定評のある買取専門業者3社の買取額やサービスを比較しました!
国際文通週間切手の査定・買取にオススメの1社をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

国際文通週間切手を査定するならココ!買取専門業者3社を比較

 バイセル買取プレミアム福ちゃん
買取額の高さ
査定実績の豊富さ
利用者の満足度
はじめての方
女性鑑定士の指定×
買取方法出張・宅配・持込出張・宅配・持込出張・宅配・持込・Web
対象地域日本全国日本全国日本全国
公式サイト詳細はコチラ詳細はコチラ詳細はコチラ

3社を比較した結果、国際文通週間切手の査定・買取にオススメなのはバイセル!
バイセルは、当サイト切手買取おすすめランキングでも買取額の高さと査定額の豊富さ、さらに利用者満足度でNO.1に輝く人気業者です。

とくに古い切手の買取額が高く、査定実績も豊富
1円でも高く売りたい!とお考えの方は、バイセルに査定を依頼しておけば確実ですよ。


またバイセルの魅力は、高い買取額や豊富な査定実績だけに留まりません。
最短30分で自宅まで訪問してくれる、スピーディーな出張買取が好評です。

はやく価値が知りたい!すぐにお金が必要!という時には非常にありがたいですね。


さらに、バイセルの公式ページには『他社より1円でも安ければ全品返却』というサービスがあります。

これは言い換えれば、どの業者よりも高く切手を買い取るつもりだということ。

つまり、

  • 他の買取業者で査定を依頼
  • 買値が分った時点でキャンセル
  • その金額をメモしてバイセルで再度査定

という手順をとれば、1社だけで見積もりを取るよりもさらに高額になる可能性も!

国際文通週間切手を少しでも高値で取り引きしたいならバイセルを選ぶのがベストですね。


一方、バイセルの次にオススメしたいのが買取プレミアム
買取額や査定実績こそ及ばなかったものの、サービス面で人気が高いサイトです。

24時間365日、無料で電話相談を受け付けてくれるほか、女性査定員の在籍数が多く、安心感のあるサービスが豊富です。
はじめて査定依頼する方、また女性利用者の方にとっては買取プレミアムも魅力的ですね。




違いは分かったけどやっぱりどこで取引しようか悩む…という方も、まずはバイセルを利用するのがオススメ!
バイセルは、連絡してから査定まで素早く対応してくれるため、査定後に万が一別の業者を利用したくなった場合にも、時間が無駄にならないんです。
何より査定額の高さは魅力的ですから、ぜひ↓公式ページで相談してみてくださいね。


バイセル 公式ページはコチラ

国際文通週間切手の査定・買取に悩んでいるすべての方へ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
国際文通週間切手について、それぞれの査定額をご紹介いたしました。

どれぐらいの価値になるのか?査定額はいくらなのか?気になっていた方の参考になればうれしいです。


でも、汚れた切手や消印付きの切手は、査定額がつかないよね?

ここまでお付き合いくださった方のなかには、こんな風に考えている人もいるかもしれません。
確かに、たとえどんなに価値ある切手でも、汚れや消印があったら高く買って貰えないように思えてしまいますね。

ですがご紹介したバイセルなら、汚れた切手や使用済み切手の買取実績も豊富なので、諦めてしまうのはもったいないですよ。
どんな状態の切手でも需要を正しく価格に反映してくれるので、この機会に売るのを諦めていた切手もまとめて査定に出してみてはいかがでしょうか。

冒頭でも記載のとおり、日本の切手は国内だけでなく海外のコレクターからも注目されています。

ですから国際文通週間切手以外にも、思わぬ切手に高い査定額が付く可能性がありますよ。


また、もし期待したほどの買値がつかなかった場合も、バイセルは無料で買取をキャンセルできるので安心。
余計な手数料も一切発生しないので、完全無料で買取額を知ることができます。

まずは気軽に、バイセルで価値を確かめることからはじめてみてはいかがでしょうか?


高額買取&スピード対応のバイセルなら、あなたもきっと満足いく取引ができるはず。
ぜひ↓公式ページから、バイセルの査定を利用してみてくださいね。


バイセルに査定を依頼する


画像出典:MARUMATE 様より

当サイトのTOPページでは、バイセルを含む3社のサービスをより詳しく比較しています。
他社のオススメポイントも見てみたい!という方は『切手買取業者比較ランキング』をご覧ください。