沖縄(琉球)切手の価値&買取額は?高く売れる種類と買取業者をご紹介

沖縄の米軍占領期から本土復帰までのあいだに発行された、沖縄(琉球)切手
限られた期間にのみつくられたとあって、希少性の高い切手として人気があります。


そんな沖縄(琉球)切手をお持ちの方は、いくらで売れるんだろう?と考えたことはありませんか。
もしかすると、このまま保管しておけば売値が上がるかも?と思っているかもしれません。

でも、ずっとしまっておくのは賢い方法とはいえません
実はいま、沖縄(琉球)切手の価値が上昇しているんですよ!


その理由は、沖縄(琉球)切手に注目するコレクターが日本人だけではないから。
とくに経済発展を遂げた中国では、骨董品の1つとして切手を集める動きが活発化しています。

沖縄との歴史的なつながりが深い中国、沖縄(琉球)切手への関心度は日本人より高いといえます。
観光ついでに日本の切手を買い求める中国人も多いので、日本国内でも需要があるんですよ。

沖縄(琉球)切手を査定・買取するなら、日本への観光ブームが最高潮となっているいまがチャンス!


このページでは、価値ある沖縄(琉球)切手の種類と査定額をご紹介。
より高額な買値が期待できる、オススメの買取業者もお伝えいたします。

お手元に沖縄(琉球)切手がある方は必見!ぜひ最後までお付き合いください。

沖縄(琉球)切手は最大10万円!高値の種類をご紹介

これまで発行された沖縄(琉球)切手は、1945年~1972年までの27年間で約259種類。
今回はそのなかで、査定相場額が1,000円以上になる9つに絞ってご紹介します。

さっそく、9種類すべての買取額をみていきましょう。

デザイン/発行年買取相場
改訂加刷100円
改訂加刷100円
1952(昭和27)年
約100,000円
第1次普通切手
1円・40銭
第1次普通切手
1948(昭和23)年
1円切手
20,000円
|
30,000円
40銭切手
約2,000円
沖縄西表(いりおもて)政府立公園

不発行切手
約7,000円
琉球政府創立

1952(昭和27)年
約5,000円
沖縄大学開校記念
沖縄大学開校記念
1951(昭和26)年
約2,000円
植林(蔡温(さいおん))記念切手
植林(蔡温)記念切手
1951(昭和26)年
約2,000円
改訂加刷10円
改訂加刷10円
1952(昭和27)年
約2,000円
速達切手
速達切手
1950(昭和25)年
約1,500円
凹版天女航空

1957(昭和32)年
5枚セット
約1,500円

表をご覧のとおり、もっとも高い価値がついたのは改訂加刷の100円切手!
改訂加刷とは、もともと流通していた切手に異なる額面を追加印刷したものです。

100円切手自体の発行数が少ない上に、限られた枚数のみ加刷されたため、希少性はかなり高め。
たった1枚で約10万円もの買取額が期待できる、沖縄(琉球)切手で最高価値の切手となっています。


次に高い買値がついたのは、第1次普通切手の1円切手で、その査定額は2万~3万円
全部で7種類ある第1次普通切手ですが、現存する数の少ない1円切手が高額となりました。

7種そろっていた場合は3万円を超える可能性もあるので、要チェックですね!


また、製造したものの発行されることのなかった(はずの)不発行切手
何らかの手違いで流出したものがあり、こちらも希少性が高い切手の1つです。

表では約7,000円となっていますが、保存状態によっては数万円の価値も期待できますよ!


もちろん今回ご紹介しなかったもののなかにも、高い価値がつく切手はたくさんあります。
どんな切手にどれくらいの値段がつくのか、お持ちの方はプロの査定員にみてもらいましょう。





でも、どうせ査定に出すならなるべく高い金額をつけてくれるところがいいですよね。
プロの査定員といっても、鑑定する人によって買値が異なることもあるのでなおさらです…。

そこで、どこで査定・買取をするのがベストなのか、大手の買取業者3社を比較してみました!
買取額はもちろん、サービス面でも比くらべた最新の情報となっているので、ぜひご覧ください。

沖縄(琉球)切手の取引はココが◎!買取業者3社を比較

 バイセル買取プレミアム福ちゃん
買取額の高さ
査定実績の豊富さ
利用者の満足度
はじめての方
女性鑑定士の指定×
買取方法出張・宅配・持込出張・宅配・持込出張・宅配・持込・Web
対象地域日本全国日本全国日本全国
公式サイト詳細はコチラ詳細はコチラ詳細はコチラ

ご覧のとおり、沖縄(琉球)切手の高額査定&買取が期待できるのはバイセル
バイセルは、当サイト切手買取おすすめランキングでも買取額の高さと査定額の豊富さ、さらに利用者満足度でNO.1に輝く人気業者です。

バイセルでは昭和年間に発行された昔の切手の査定額が高く、買取実勢も豊富
また、海外切手に該当する額面が¢になっているものも同様に高価買取が望めますよ!


さらにバイセルの公式ページには『他店より1円でも安ければ全品返却』という文言が記載されています。
実はこれ、切手を1円でも高く買取ってもらうための裏ワザに効果的な言葉なんですよ!

その裏ワザとは…

  • 別の買取業者で鑑定を依頼
  • 買値が分ったところでキャンセル
  • その金額を控えバイセルで査定依頼

というもの!この方法なら他社よりさらに高値が目指せるんです。


そして、バイセルのポイントは高い買取額というだけではありません。
最短30分で依頼者のもとへ駆けつけてくれる、スピーディーな出張買取が魅力。

はやく査定額を確かめたい!いますぐ売りたい!という方へ、ピッタリの買取業者ですね。


バイセルの次に高価買取が期待できる、オススメの業者は買取プレミアム
買取額や査定実績はバイセルに及ばなかったものの、他社よりも多く女性査定員を在席させていますし、365日24時間の無料電話相談も受付けています。

女性利用者の方や査定依頼がはじめての方にとって、買取プレミアムを選択するのもアリですよ。




2つの買取業者で迷ってしまう…という方は、まずはバイセルへの査定依頼で間違いありません。
高額買取・スピード対応、さらに海外の切手も積極的に査定をしてくれるのでオススメです。

ぜひ↓公式ページから、あなたもバイセルの魅力を確かめてみてくださいね!


バイセル 公式ページはコチラ

沖縄(琉球)切手の査定・買取を考えている、すべての方へ

最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。
1,000円以上の買値が望める、沖縄(琉球)切手の種類をご紹介しました。

お手元の切手がそれぐらいの価値なのか?いくらで売れるのか?少しでも参考になればうれしいです。


ここまでお読みいただいた方のなかには、こんな風に思った人がいるかもしれません。
確かに、汚れや破れのある切手、使用済み(消印つき)の切手に価値があるとは思えないですね。

ですが、ご紹介したバイセルは汚れ・破れ・消印のある切手の買取実績が豊富なので大丈夫!
沖縄(琉球)切手そのものの価値を見てくれるので、査定依頼をしない手はありません。

とくに消印は偽物ではない証拠にもなるので、査定に出すのをためらっていたらもったいないですよ。


また冒頭でも記載のとおり、沖縄(琉球)切手に注目しているのは日本のコレクターに限りません。

南国を想わせるデザインや、¢・$・¥が混在する額面など、独特な魅力がある沖縄(琉球)切手
ご紹介した9つ以外でも、これらの切手に魅せられた収集家は中国をはじめ世界各国に存在しています。

しっかりと需要がある沖縄(琉球)切手、想像以上の買値となる可能性だってあるんです!


もし期待した金額にならなかったとしても、バイセルなら返品・キャンセルが無料なので安心。
その他の手数料もすべて無料なので、査定・買取の手続きで失う必要は1円もありません。

お持ちの沖縄(琉球)切手がいくらになるのか、価値を確かめるところから気軽にはじめてみませんか?


高額買取とスピード対応が期待できるバイセルなら、きっと満足のいく取引ができますよ。
あなたもぜひ↓の公式ページから、バイセルで沖縄(琉球)切手を査定・買取してみてくださいね!


バイセルに査定を依頼する



当サイトのTOPページでは、バイセルを含む3社のサービスをより詳しく比較しています。
他社のオススメポイントも見てみたい!という方は『切手買取業者比較ランキング』をご覧ください。